翻訳サービス 会社と個人経営

英会話を始め、外国人とのコミュニケーションは純粋な楽しみや知的好奇心を満たすこともできますが、日常会話では笑い話になる誤解でもビジネスでは大きな損失やトラブルのもとになってしまう可能性があります。

また、日本語でも特定の事業分野で単語が日本語本来の意味を超えた固有名詞となることがありますが、外国語でも同じように単に語学力ではなくビジネス会話としてのスキルがあるとより深い理解につながります。そのため、ビジネスでは翻訳サービスを活用するのが効果的ですが、通訳を利用していても自分自身に語学力があれば会話の内容を聞くことで自分のスキルを上げたり、交渉の席で翻訳サービスを同席させることは取引の相手方を丁重に扱っている証にもなります。

ところで会社は従業員に給料を支給するときに源泉所得税を差し引くことになっていますが、税理士や弁護士の報酬、翻訳サービスの利用料など、一定の個人事業者への支払いにおいても支払い金額の10.21%の源泉徴収をすることになっています。

源泉徴収をした所得税は翌月10日までに税務署に納税するので、翻訳事業者本人への支払金額は相手が法人でも個人事業者でも同じになりますが、個人の場合は源泉徴収した所得税は税務署に納付することになります。会社は源泉徴収義務者なので、源泉徴収を怠ると本人に代わって納税し、本人から回収しなければならないため、請求書を見て相手方が法人か個人かを確認することがことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *