翻訳サービスを利用するならどっちがいいの?

翻訳サービスは、翻訳会社に依頼する方法と翻訳者を派遣してもらう方法の2種類があります。

この2種類の方法は、それぞれ特徴が異なるので、翻訳する内容に合わせて使い分けることが大切です。まず中期から長期の翻訳が必要なプロジェクトであれば、翻訳者を派遣する翻訳サービスが有効です。派遣型であれば固定の翻訳者が対応することになるので、翻訳において柔軟に対応することができるからです。クオリティの高さで選ぶなら、翻訳会社が最適です。翻訳会社は翻訳者1人で作業を行うのではなく、校正者やネイティブのチェックが入るので、より安定した翻訳作業を行うことができます。

複数の人が関わることになるので料金は割高になってしまいますが、その分クオリティの高い翻訳を手に入れることが可能です。納期の面を見てみると、派遣型の翻訳サービスは翻訳者が常に社内でスタンバイしているので、効率よく翻訳できるという特徴があります。翻訳会社に依頼すると見積もりが必要になったり、翻訳に必要な用語集を作成したりする手間がかかりますが、派遣型サービスではそのような手間がなく翻訳を依頼できます。

一方、翻訳会社に依頼する場合は、短期間で大量の案件を頼みたい時にメリットがあります。翻訳会社であれば、複数の翻訳者を確保でき、柔軟に対応することができるからです。このようなことから、日常的な翻訳作業は派遣サービスが有効で、短期間で大量の翻訳が必要な場合は翻訳会社が最適です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *